年収1000万で預貯金皆無!?の真相に納得

一万円

社会生活の基盤と言えばお金ですね。だからこそお金というものの大事さが、刻一刻と重みを増す今日この頃です。中所得者層と呼ばれる層から高所得者層までの預貯金事情ニュースが、とかく耳に入るようになりました。いわゆる少し前に言われていた、上の中とか上の下の部位に当たる人たちです。

驚かされているのはその預貯金事情でした。年収にして800万~1千万円台の高収入がある人たちほど、その中身は貧困状態だというのだから何ともパラドックスな現状です。通常、800万以上の年収があれば生活関連の大抵のことはある程度余裕をもって賄えると考えられます。かなり経済的に潤った暮らしができていると、誰もが憶測するでしょう。

そこには預貯金も入るはずが、できていないのが現状だというので驚きます。それもそのはず、年収800万といっても「金食い虫」がいてなおかつ生活レベルを下げられない結果、貧困状態に陥るとのことでした。そこにはどんどん上がっていく納税関係や保険料に加え、人生の三大金食い虫・・・住宅ローン、マイカー所持、教育費・・・がいるわけですね。

年収の方も「それまで1千万台、800万台だった」という過去に過ぎず、年々それよりも下がってきているという現状があると。その上でこれまでと同じ生活水準を保ちたいと言うのは、必然的に「おいおいそりゃ無理だ」となるでしょう。

年収が下がったなら下がったなりに暮らせなければ、困窮するのは必然的ともいえます。持っているだけで何かと金食い虫であるマイカーを手放すなり、トータルで安い物件に住み替えるなり、手だてなどいくらでもあるはず。

現実はプライドが邪魔をする

ですが、そう簡単にできることではありません。エネルギーも勇気も要る行動です。しかしながら、それでも何らかの具体策で生活レベルを落とそうとしなければ、どんどん貧困連鎖が続くでしょう。この際カッコ悪いとか世間体がどうのこうの言ってられないのですから。

・・・と、生活水準を落とそうとしない人たちに個人的には思うニュースでした。それにしても年収1千万円台で預貯金ゼロとは、何ともパラドックスです。生半可、預貯金や資産なんて持っていない方がいいとも言われている時代になりました。

高年収だけどお金がない

だからこそ頭を使ってサバイバルしていく知恵こそが、ひとつの財産になるのでしょう。やみくもに貯金を蓄積するのが目的じゃなく、いかに賢く身を振って意味のある資金繰りをしながらこの辛辣な時世を生き抜けるかですね。

私自身、とりあえずまた成功の結果を楽しみに、今月の節約生活を目指していきたいと思います。またゲーム感覚で楽しみながら、浮いた分を他に回せますようにします。

年会費有料のクレジットカードをやめる

高収入の人は見栄っ張りの人が多いそうで、ブランドものを持ちたがります。例えばクレジットカードひとつとっても年会費が3万円のカードをつかっていたりします。本来決済に利用するだけであれば年会費無料のクレジットカードで十分です。

高い車を買って車載器も無駄に高性能なんかにしているとすぐにお金は無くなります。年会費有料のクレジットカードであっても特典はたかが知れているので年会費無料のクレカで十分です。